放送ジャーナル社

月刊放送ジャーナル/日刊放送ジャーナル/週刊TV研究/旬刊CATVジャーナル

放送ジャーナル社

月刊放送ジャーナル/日刊放送ジャーナル/週刊TV研究/旬刊CATVジャーナル

電話でのお問い合わせは TEL03-6810-9138

放送業界の流れを伝える

Report The Current Of Broadcasting

お知らせ

日刊放送ジャーナル

放送行政、ステーション情報、
クライアント・エージェンシー情報、
ビデオ情報など毎日のニュースをタイムリーにお伝えする

昭和30年創刊
土・日・祭日を除く毎日発行
B5判
月間定期購読料
8,000円(税抜)

伊藤忠ケーブルシステム株式会社HP内で、日刊のヘッドラインを掲載しています。

日刊ヘッドラインを見る

週刊TV研究

  • 民放各社の決算速報、各局の業績推移、企業の宣伝広告費、民放の関連事業、大株主と出資状況、平均給与、設備の新規計画などデータ中心に

    昭和34年創刊
    毎週月曜日発行
    B5判
    月間定期購読料 5,000円(税抜)

旬刊CATVジャーナル

  • CATV最新情報、CATV最前線情報、CATV海外情報など、CATVをメインとするニュースメディア情報専門誌

    昭和58年創刊
    毎月5の日発行
    B5判
    月間定期購読料 4,500円(税抜)


プレスリリース

随時受付しております
FAX03-3544-0676
までお送りください


平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
放送ジャーナル社では、年末年始の休業を下記の通りとさせていただきます。

休業期間:2021年12月26日(月) から 2022年1月5日(水)



【本社移転のお知らせ】
放送ジャーナル社は、本社・事務所を下記に移転し12且13日より新事務所での営業を開始します。

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 16-5
新日本橋長岡ビル 8F
TEL 03-6810-9138 / FAX 03-6810-9139


「月刊放送ジャーナル」は、この2021年1・2月合併号(550号)をもちまして、休刊させていただくこととなりました。
皆様の永年のご愛顧に心から感謝申し上げます。
 なお、バックナンバーは、これまで同様販売致します。

月刊放送ジャーナル

ミニコミとマスコミの総合誌

2021年1月・2月合併号 

特集 
『ニューノーマル社会の放送設備Ⅲ』

 

 詳しい内容を見る




《□初のオンライン開催となった『Inter BEE 2020』
~出展社・参加者とも大幅減少、オンラインの課題残す~

《トップインタビュー①》
□3R包括するリモート制作、高効率クラウド・AI、撮影に注力
~IPライブシステムは1年で倍増し世界で120式が稼働~
ソニービジネスソリューション㈱ 代表取締役 執行役員社長 古田 了嗣 氏
《トップインタビュー②》
□50周年のメインテーマに『新たな時代の創造へ』を掲げ業務展開
~IP関連、12G、ファイルベース、CG、ライブ配信システム展開~
㈱朋栄 代表取締役社長 清原克明 氏
《トップインタビュー③》
□初の放送局向けSaaSプラットフォーム『GV AMPP』をリリース
~『EDIUS X Pro』は次世代見据えた革新的な新アーキテクチャー採用~
グラスバレー㈱代表取締役兼エディティングシステムズVP&GM   竹内克志 氏
リージョナルセールスディレクター 三輪信昭 氏
プロダクトマネージャー 片岡敦 氏/粟島憲郎 氏
《トップインタビュー④》
□QDCAM/QDVSによる超高速カメラ複数台完全同期収録システム開発
~学校向け映像配信システムやSRTを採用した新開発エンコーダも~
メディアエッジ㈱代表取締役社長          遠藤肇 氏
営業本部営業推進部部長  有冨豊 氏
技術開発本部開発企画部部長 和田学明 氏
営業本部 企業・公共システム営業課  課長 堀正人 氏

《Inter BEE ONLINE レポート》
□パナソニック、KAIROS等の各種新製品を提案
~ロケフリー番組制作、SDI/IPハイブリッド制作、8K ROI等も~編集企画部 
□パナソニックとソフトバンクでクラウド番組制作システム開発~編集企画部

《時局インタビュー》
□放送映画製作所、高機能4K中型中継車の運用を開始
~中型ならではの機動性と広い作業空間を実現へ~
㈱放送映画製作所
技術センター技術業務部兼制作技術部VE・回線担当 徳永善行 氏 

□ベライゾン初のCyber-Espionage Report発表
~エスピオナージ攻撃最多はアジア太平洋地域に~
□ゲームに最適なHDMI 2.1 対応のテレビ
~ゲームテクノロジー開発で体験の定義が変わる~